秋田県立大学

秋田県立大学に関心のある人が簡単に大学の概要を確認できるようにまとめました。

他の大学の概要を確認する場合は下のページを参考にしてください。

参考:大学情報
参考:秋田県内の大学

一般入試学部・学科偏差値

秋田県立大学にはシステム科学技術学部、生物資源科学部の2学部あります。

英語と理科の配点が高くなっているのでその2教科を中心に勉強をすれば比較的簡単に合格できるはずです。

システム科学技術学部

  • 機械知能システム学科
  • 電子情報システム学科
  • 建築環境システム学科
  • 経営システム工学科

(機械知能・電子情報・建築環境の3学科は、高校で物理を履修していることが望ましいです)

見出しのカッコ内は入学定員です。推薦入試については書いていません。例年、後期の受験者数は志願者の半数~3分の1くらいになります。

機械知能システム(80名)

機械工学を理解するのに必要な数学と物理の基礎学力があり、ものづくりに興味を持ち、仲間と協力して問題解決に取り組める人を大学側は求めています。

前期(46名)
  • 2016年
  • 倍率   :81/174(2.15倍)
  • 合格最低点:763.3/1400
  • 2015年
  • 倍率   :71/152(2.14倍)
  • 合格最低点:753.5/1400
後期(14名)
  • 2016年
  • 倍率   :14/63(4.50倍)
  • 合格最低点:691.7/1100
  • 2015年
  • 倍率   :30/70(2.33倍)
  • 合格最低点:650.4/1100

電子情報システム(80)

数学や物理についての基礎学力を有し、ソフトやハードに強い関心を持ち専門知識を学ぶ意欲があり、且つ、情報工学や電子工学分野の能力を高め社会に役立てる意欲のある人を大学側は求めています。

前期(36名)
  • 2016年
  • 倍率   :72/132(1.83倍)
  • 合格最低点:742.1/1400
  • 2015年
  • 倍率   :71/132(1.86倍)
  • 合格最低点:733.9/1400
後期(20名)
  • 2016年
  • 倍率   :23/56(2.44倍)
  • 合格最低点:673.9/1100
  • 2015年
  • 倍率   :24/86(3.58倍)
  • 合格最低点:682.8/1100

建築環境素ステム(40)

基礎学力と科学に関する総合的な知識を有し、建築・都市・環境に関する知的好奇心にあふれ、積極的に目標に向かって努力ができる人を大学側は求めています。

前期(20名)
  • 2016年
  • 倍率   :22/115(5.23倍)
  • 合格最低点:855.6/1400
  • 2015年
  • 倍率   :29/105(3.62倍)
  • 合格最低点:813.3/1400
後期(6名)
  • 2016年
  • 倍率   :9/49(5.44倍)
  • 合格最低点:
  • 2015年
  • 倍率   :6/49(8.17倍)
  • 合格最低点:737.1/1100

経営システム(40)

経営工学を理解するのに必要な数学や科学の基礎学力を有し、社会環境に関する広い視野を身につけ社会に後見する意欲があり、且つ、リーダーにふさわしい想像力・積極性・協調性を備えている人を大学側は求めています。

前期(18名)
  • 2016年
  • 倍率   :32/110(3.44倍)
  • 合格最低点:799.5/1400
  • 2015年
  • 倍率   :32/103(3.22倍)
  • 合格最低点:758.9/1400
後期(6名)
  • 2016年
  • 倍率   :10/37(3.7倍)
  • 合格最低点:639.8/1100
  • 2015年
  • 倍率   :9/45(5.00倍)
  • 合格最低点:671.5/1100

生物資源科学部

  • 応用生物科学科
  • 生物生産科学科
  • 生物環境科学科
  • アグリビジネス学科

見出しのカッコ内は入学定員です。推薦入試については書いていません。

応用生物科(40)

前期(20名)・後期(8名)

生命科学や食品・醸造の専門知識と技術を学ぶために必要な生物と科学の基礎学力を有し、積極的かつ意欲的に取り組むことができる人を大学側は求めています。

生物生産科(40名)

前期(20名)・後期(8名)

植物を中心とする生命現象を理解するのに必要な生物と科学の基礎学力を有し、植物とその生産に関心があり、専門的知識を身につける意欲のある人を学校側は求めています。

生物環境科(30名)

前期(15名)・後期(6名)

身の回りの自然環境に関心を持ち、フィールドの中で学び、行動することができる人。

自然科学に関する基礎知識を持ち、自然と人間が共存できる新たな技術開発や社会システムの構築に意欲がある人を大学側は求めています。

アグリビジネス(40名)

前期(16名)・後期(6名)

次代の農業・農村および職産業の発展を図ることに熱意を有し、生産から消費までの知識・技術やアグリビジネスに対して高い学修意欲と知的探求心を有る人を大学側は求めています。

大学情報

パンフレット・HPを基に大学情報をまとめています。

カリキュラム

関心のある人には楽しめそうなカリキュラムが用意されているみたいです。

機械知能

  • 材料力学
  • 破壊力学
  • 生産システム工学
  • ロボット工学
  • メカトロニクス
  • プログラミング言語演習

電子情報

  • 電子回路学
  • 電磁気学
  • ディジタル信号処理
  • 過渡現象論
  • パワーエレクトロニクス
  • アルゴリズムとデータ構造
  • プログラミング応用
  • アドバンストプログラミング
  • 人工知能論
  • 音響工学

建築環境

  • 建築設計
  • 建築CAD演習
  • 都市・建築計画学概論
  • 構造力学
  • 鉄筋コンクリート構造
  • 鋼構造
  • 建築技術英語

経営工学

  • 経営基礎数理
  • 管理会計
  • 環境システム工学
  • マーケティング
  • 経営学
  • 人間工学
  • イノベーション入門
  • ファイナンス
  • リスクマネジメント

学部生数

2017年4月1日現在の男子学生(左)・女子学生(右)数です。

  • 機械知能:301人:19
  • 電子情報:290人:27
  • 建築環境:128人:41
  • 経営工学:113人:52
  • 応用生物:82人  :94
  • 生物生産:92人  :83
  • 生物環境:81人  :45
  • アグリ :101人:69

学費

  • 入学金:423,000円(県内学生282,000円)
  • 授業料:535,800円

参考:資料請求
参考:大学HP