大学受験

大学受験をする人が最低限知っておいたほうがいいことをまとめています。是非参考にして下さい(少しずつ内容を充実させていきます)。

目次

  • 大学一般情報
  • 受験勉強について
  • 勝手な回答
  • 日本の大学一覧
  • 学費が安い私立大学
  • 受験勉強について
  • 計学園を機に

一般情報

大学についてこれだけは知っておいた方がいいということをまとめています。

学費

学費について簡単に書いておきます。

国立

  • 入学金:28万2,000円
  • 授業料:53万5,800円(年額) 

卒業するまで4年間大学に通うことになるので最低でも合計242万円ほどお金が必要になります。

私立

ピンキリです。ピンキリですが国立大学より安い私立大学はありません。文系なら1年間の80万~150万、理系なら120万~200万(医学・薬学部除く)になると思います。

その他費用

学費に加え学校納付金・修学費・課外活動費が4年間で国立・私立問わず40万前後必要になります。また、教科書代が4年間で文系学部でも10万前後、理系では学部にもよりますが1年で10万近く必要になるところもあります。

さらに、実習などを受ける必要がある学科だと実習代で数十万必要になることもあります。

自宅から通っていない人は、家賃・水道光熱費・食費など地方では10万円、東京では15万円は最低でも必要になるはずです。

自宅から通っている人は、近所の大学に通うのであれば通学費はかかりませんが、人によっては月3万円以上払う必要があります。

これらを考えると、国立大学でも卒業するまでに400万は必要になります。私立大学だと文系でも600万前後は必要になると思いましょう。

偏差値にこだわらないのであれば、学力特待を狙うのも手です。学力特待を利用すれば100万~200万円程度で卒業ができるところもあります。

採点方法

国立大学の2次試験は採点に偏りを生じさせないため、大学の関係者が複数人で採点をするのが一般的です。合格最低点が小数点になっているのはそれが原因だと思ってください。

受験勉強について

英語

中学の時は簡単だった英語が高校になると急に難しくなります。しかし、やるべきことをやれば成績はの

参考:英語

参考書

英語が中心になりますが、参考書の紹介をしています。

どの参考書を使っていいのかわからない人は参考にして下さい。

参考:参考書

勝手な回答

検索結果から、高校生が勉強をしていて悩むであろう内容に対して勝手な回答をしています。

日本の大学一覧

カッコ内は左から国立、公立、私立大学の数です。

学費が安い私立大学

私立の中で2年次以降の年間授業料・教育充実費が文系90万円以下(夜間除く)、理系130万円以下の学科がある大学を挙げておきます。

大学によっては入学金を3~5万円(普通は20万円前後)に設定し、初年度納入費だけを安く見せているところもあるので注意してください。

思はぬ金銭的な負担をしなくて済むように、卒業までに掛かる総額を確認するようにしましょう。

ただし、学費は大学選択基準の重要度を低くしてください。安い大学を探してその中から志望校を選ぶということはお勧めできません。

参考:学費の安い私立大学

加計学園問題を機に

平成28年4月現在774校も大学があります。わずか30年で倍増。本当にそんなに大学は必要なのか。社会人が大学で学ぶというのは今の日本社会では考えられない。大学存続のために社会人に大学に通わせようとするのはどう?

私自身30を超えてから大学に通いなおしたが、自営業でなければそんなことができるわけがない、現実的ではない。

大学の数はあまりにも多すぎます。学生の就職あっせん機関と化している大学の在り方を加計学園問題を機に考える必要があるかもしれません。学問機関としての大学、職業訓練校にするなどする。勉強をする意思がない人は大学に行って何も学ばない。だったら、職業訓練大学に変え、大学卒業の資格と手に職をつけさせる。

本気で勉強をして、将来エリートを目指す大学は100校くらいに抑えればよい。すべての人がエリートを目指したいと思うわけではない。普通の生活さえできればいいと思っている人とエリートを目指したい人の双方を考えれば、そういう方向に進ませるべき。

参考:岡山理科大学獣医学部加計学園問題