中学生(高校入試・進路)

【2019年北海道公立高校入試】道コン・対策・日程・塾

北海道の中学生が公立高校を受験するときに最低限知っておくべきものをまとめています。

公立高校入試制度(募集要項)

出願受付は平成31年1月21日(月)~1月24日(木)正午です。

出願状況の発表後に変更をすることができますが、その期間は1月29日(火)~2月4日(月)午後4時までです。

入試本番は年3月5日(火)、合格発表は3月18日(月)です。

試験時間

  • 国語:9時20分~10時10分
  • 数学:10時30分~11時20分
  • 社会:11時40分~12時30分
  • 理科:13時30分~14時20分
  • 英語:14時40分~15時30分

科目・配点

5教科(国語・数学・社会・理科・英語)、各教科とも60点。合計300点満点です。

合否の決まり方

傾斜配点・面接・実技・作文・健康診断書(体育関連の学科受験者)その他細かい内容は、学校の先生・塾の先生に詳細を聞いてください。

定員の70%程度は入試本番の結果と個人調査書の「各教科の評定」の記録の成績を同等に扱い合否が決まります。

残りの30%のうち、15%程度は個人調査の内容、15%程度は入試本番の成績を重視して合否が決まります。

北海道の入試は中学1年のときから各学年の成績(内申点)も合否に大きな影響を与えます。

出願できる学科は、一つの高校の一つの学科が原則です。ただし、農業・工業・商業・水産関連の学科、普通科のほかに理科・数学、体育、外国語に関連する学科がある高校は第2志望まで書くことができます。

学校裁量問題

国語・数学・英語の大問のうち各一題を受験する生徒たちの実力を見るために応用問題に差し替えて出題するものです。

主に、通常の入試問題では実力差を判断することが難しい上位高校が実施しています。

対策

対策は現在の実力や志望校によってことなります。

下の記事を参考に自分に合った対策をしてください。

あわせて読みたい
【公立高校入試】2019年(平成31年)度|偏差値・内申書・対策公立高校入試の対策としてやるべきことは、偏差値55くらいまでの公立高校であればどの都道府県にいてもほぼ同じです。 まず初めに自分が何を...

北海道コンクール(道コン)

北海道の公立高入試に対応した模試です。

入試本番と同じ形式で問題が作成されているので本番の演習ができます。

  • 北大学力増進会
  • 札幌練成会
  • 育英舎自立学習塾
  • ニスコグループ
  • 学習空間

北海道公立高校一覧

北海道は、19の通学区域(=学区)に分けられています。それぞれの学区に多くの高校がありますが、公立の「普通科」では、原則として自分の住んでいる学区の高校に進学することになっています。 (全道学区別市町村一覧はこちら)  これに対して、他の学区の高校を受験することを「学区外受験」と言い、「学区内」の場合とは異なる仕組みが設けられています。

以下、各学区ごとに偏差値の高い順に書いています。

石狩

石狩地区の公立高校一覧です。

道立高等学校

市町村立高等学校・中等教育学校

空知地区

空知地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立高等学校・中等教育学校

上川地区

上川地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立高等学校・中等教育学校

留萌地区

留萌地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立高等学校・中等教育学校

宗谷地区

宗谷地区の公立高校一覧です。

オホーツク地区

オホーツク地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立高等学校・中等教育学校

根室地区

根室地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立高等学校・中等教育学校

釧路地区

釧路地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立高等学校・中等教育学校

十勝地区

十勝地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立高等学校・中等教育学校

日高地区

日高地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立高等学校・中等教育学校

胆振地区

胆振地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立

後志地区

後志地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立

渡島地区

渡島地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立

桧山地区

桧山地区の公立高校一覧です。

道立

市町村立