漢方薬に対するイメージ

「漢方薬」と聞くとなんだか怪しい感じがします。漢方を利用するしたことのない人が抱くマイナスイメージは次の通りです。

  • 効果効能がよくわからない、怪しい 
  • にがい、臭い
  • 値段が高い

「本当に効くの?」これが一番疑問に思うところだと思います。

しかし、こればかりはなんとも分かりません。

利用したら100%必ず効果があるとは言い切ることはできませんが、悩みを解消するためにまずは2~3週間試飲してみましょう。

もしかすると、薬でどうにもならなかった様々な症状が改善される可能性があります。

漢方薬の効果

漢方薬を使うことでいろいろな効果が得られる可能性があります。例えば次のようなものに効く可能性があります。

耳鳴り
耳が詰まった感じ・キーンという金属音・ジージーする蝉の声
メニエール
吐き気・耳鳴り・耳のつまり感・不安感・めまい・頭痛
肥満症・ダイエット
むくみ・ストレスからの過食・内臓脂肪・便秘・痩せにくくなった
皮膚病
ニキビ(吹出物)・肌荒れ・乾燥肌・シミ・アトピー・じんましん
自律神経神経失調症
寝つきが悪い・漠然とした不安感・めまい・動悸(息切れ)・のどのつまり・検査しても異常なし
メタボリックシンドローム
高血圧症・糖尿病・動脈硬化・痛風・高血圧・肝臓病
アレルギー
ぜんそく・花粉症・鼻炎・蓄膿症・じんましん
痛み
リウマチ・腰痛・慢性頭痛・膝関節痛・坐骨神経痛・帯状疱疹後神経痛
泌尿器
前立腺肥大・頻尿・残尿感・尿漏れ・膀胱炎・排尿困難・過活動膀胱
婦人病
生理痛・生理不順・不妊症・更年期障害・子宮筋腫・子宮内膜症

体験談

次のような体験をされている人も多いみたいです。

何年も続く耳鳴り、動悸、よくわからない不安感。どうにもならないときは精神科に行き安定剤を服用していた人が、漢方を飲むことで徐々に気になることがなくなった。

頭の奥で響き続ける頭痛、吹き出物や口内炎ができやすく、胃の調子が悪く軟便気味。継続的に服用していたら何年も悩み続けていたこれらの症状が現れなくなった。

仕事が忙しい時期になると睡眠が不定期になったり、十分な睡眠時間が確保できなくなるという不安が、神経を高ぶらせ眠りにつくことができなくなった。眠れたと思っても眠りが浅く、何度も目が覚め体力の限界に。しかし、漢方を服用後半月ころから少しずつその症状がなくなり、睡眠の確保ができるようになった。

このように、漢方は多くの人が抱えている体の悩みを解消してくれるかもしれないのです。

おすすめの記事