熱中症に注意しなければならない時期になりました。

真夏日や熱帯夜が多くなると、シニア世代は特に注意する必要があります。

ここでは、熱中症の予防の仕方、救急車を呼ぶほど危険なのはどのような症状かについてい書いていきます。

誰にでも起こりうる

熱中症の原因は、体にたまった熱を発散できず、脱水症状などを起こすからなんです。

最初に頭がぼーっとし、ふらつきや思考力の低下・欠如などの症状が起こります。重症度により次のような分類がされています。

  • Ⅰ度(めまい、筋肉痛)
  • Ⅱ度(頭痛・吐き気)
  • Ⅲ度(意識不明・けいれん)

このような分類はありますが、この順番通りに症状が出るわけではありません。

いきなりⅢ度で意識を失ってしまうこともあるみたいです。

真夏日(最高気温が30度以上)や熱帯夜(最低気温が25度以上)には、高い気温が体に順応できず、発症することが多くなります。

「健康な自分が熱中症になるわけがない」とは思わないようにしてください。

誰にでも起こりうるのが熱中症です。

体調不良を感じたら熱中症を疑うようにしましょう。

なお、熱中症には、非労作性(古典的)熱中症と労作性熱中症があります。

非労作性熱中症

圧倒的に多いのが非労作性の熱中症です。

1人暮らしのシニア世代や病気に泣かっている人などがなりやすいと言われています。

水分をこまめにとって塩分も適度に摂取するようにしましょう。

特に、年齢が高くなると熱に鈍くなると言われています。また、熱中症になりやすい病気を患っていることも多いと言われています。

心臓病で利尿剤を飲んでいる人、末梢神経が鈍くなっている糖尿病の人、過去脳梗塞を患った人などは特に注意をする必要があるみたいです。

労作性熱中症

一方、労作性は教育現場や職場などで起こることが多いです。学校の部活動などの練習中に熱中症になって重症化し、後遺症が出たり、命を落としたりすることもあります。

特に部活などを頑張っている子供は、自分の異常に気付きにくいですし、異常を感じても周りの人に言いづらい場合が多いと思います。

どのような症状が熱中症なのか教職員や職場の上司は最低限知識をつけておくことを勧めます。

治療法

治療は、早く体温を下げることです。

氷や冷たくしたリンゲル液がそばにあるならそれを使って体を冷やすこともできるはずです。

そのようなものがない場合は、涼しいところに連れて行ったり、意識があれば水分と塩分を取らせましょう。

救急車を呼ぶほどの症状とは

  • 呼びかけに応じない
  • おかしな言動
  • 支離滅裂
  • 普段と様子が違う

このような症状がでているときは危険な状態にあります。特に、呼び掛けに応じない場合は重症度が高いので救急車を呼びましょう。

救急車を呼ぶべきかの判断ができない場合「救急電話相談」などを設けている地域もあるが、現時点ではほとんど浸透していないと思うので、対象者の様子を見て危険と判断したら救急車を呼びましょう。

救急隊が到着するまでに5分~10分は掛かるはずです。その間は応急処置をするようにしてください。

応急処置

対象者の体(首の後ろ、太ももの付け根など動脈が通っている箇所)を冷やし、衣服を緩め、スポーツドリンクなど塩分を含む水分を飲ませるなどしておきましょう。

おすすめの記事