勉強全般

【勉強をする理由】子どものために親が自分なりの答えを出す必要あり

作成途中

勉強をしたがらない子に無理やり勉強をさせようとしても、勉強をしたフリをします。

全く勉強をしないよりはいいですが、勉強効率が悪すぎます。

それに、学校の勉強をすることが勉強だと思い、点数を取ることに一喜一憂するという弊害も生じます。

親がやるべきは、「勉強をすることが楽しい」と子供に思わせることです。

簡単にできることではありませんが、「勉強は自分のためにやるものだ」「大切なんだ」ということを時間をかけて子どもたちに伝えていくことが大切。

「勉強しなさい」と口だけ言ってもするわけがありませんし、「勉強することは自分のためになるから」と理由もなしに勉強をさせようとしても、聞く耳を持たないのは当然です。